リフォームの基礎知識

リフォームとは?

住宅を修繕する方法は、直すレベルによって軽いものから順に「補修」「リフォーム」「リノベーション」の3通りの方法があります。どれを選ぶかによって価格も大きく変わってきますし、理想とする家づくりができるかどうかといった点にも関わってきます。現在の家の状態に合わせて適切な方法を選択し、満足のいく家づくりを実現させましょう。
1.補修
日ごろの手入れレベルでちょっとした不具合を直すことを指します。床や壁のキズや凹みを補修する、といった内容です。
2.リフォーム(修繕)
家の不具合や劣化を感じた部分を、新築時または新品に近い状態に直す工事を指します。リフォームの代表的なものとしては、壁紙クロスの張替え、雨漏りの修繕や、キッチンやユニットバスの交換、フローリングなど床材の張替えなどが挙げられます。
基本的に一戸建ての場合は、基礎や外壁、屋根の修繕なども行い、マンションは共用部や躯体のリフォームはできないので、室内の工事のみとなります。
賃貸マンションや賃貸アパートなどでもリフォームは行われ、退去時の修繕などをリフォームと呼ぶ場合もあります。
また、地震など災害が多い日本においては、耐震強度の補強などもリフォーム案件として多く行われています。
リフォームとリノベーションのはっきりとした線引きは曖昧とされていますが、一般的にはこのような小規模な工事ならばリフォームと分類されます。
3.リノベーション(改修)
リフォームに加え、部屋を増やすなどといった、間取りの変更が必要なレベルの大規模な工事で、住宅性能を向上させたり、新築時以上の住み心地にする大幅な改修工事を指します。
大きなデザインの変更をすることができるというのがリフォームとの一番の大きな違いと言えるでしょう。例えば、広かったリビングに間仕切りを設けて部屋をもうひとつ作ったり、家全体のデザインコンセプトを変えたりするといったこともリノベーションでは可能です。

しかし、あくまでも家の構造自体は既存のものを再利用するため、実現できない間取りもあります。
一戸建ての場合は要望によっては大がかりな工事になることもあり、建て替えたほうが良いのかも含め、専門家に相談すると良いでしょう。その際、「今後その家にどれくらい住み続けたいのか」と「予算」が判断基準となりますので、今の家を見てもらうときに伝えられるよう考えておきましょう。

マンションの場合は規約による制約や構造から不可能な工事も存在します。代表的なものは、構造上どうしても抜けない壁が存在したり、窓自体を変えたり増やしたりできないことなどです。

実際に工事に取り掛かってみなければ分からない部分も多いのがリノベーションですが、ある程度は事前の見積もりの段階で実現できるデザインと無理なデザインは教えてもらうことができます。自分のイメージをしっかりと伝えて、実現可能であるかどうかの判断を聞くようにしましょう。

住まい別リフォームのポイント

①一戸建てリフォームの注意点
戸建て住宅は建物の構造によりできることと、できないことがあります。建物の耐用年数は、メンテナンスや使用材料によって違うので、築年数だけでは判断できません。
特に増改築を行う場合は、建築基準法や条例、建築協定などさまざまな規制がかかる場合があります。例えば、防火地域では、少しの増築でも確認申請が必要になるなど、構造だけでなく地域でも違いがあります。リフォーム会社などを介して確認し、希望するリフォームができるのか、早い段階で知ることでリフォーム内容を具体的に考えることができます。
また、間取りの変更を行う場合、柱・梁で支える木造軸組工法や鉄骨系・コンクリート系の工法は比較的自由にできますが、壁全体で支える木質系やコンクリート系、2×4(ツーバイフォー)工法は、間取り変更に制限があります。
②マンションリフォームの注意点
マンションは、共用部分と専有部分、管理規約などによる制約など、リフォームできる範囲が決まっていますので、事前に確認しましょう。構造により間取りリフォームの自由度も変わることも考えておきましょう。基本的には、専有部分に関しての間取り変更は可能です。ただし、専有部分でも、床をカーペットからフローリングに変える場合には注意が必要です。防音性の問題から、床材の性能が決まっていたり、フローリングへの変更を禁止している場合もありますので、管理規約の確認をしてください。
その他マンションリフォームでは、水まわりの変更、電気設備の変更、断熱リフォームなど、リフォームに制限がある場合もありますので、早めの確認が必要です。

リフォームの流れ

リフォームの大まかな流れは次のようになります。

①リフォームしたい場所、内容を整理
②予算を検討して依頼する会社を探す
③現地調査で状態を確認してもらい、要望を伝えつつ具体的な話をスタート

現場調査でのコミュニケーションはリフォーム成功のカギといっても過言ではありません。不具合を感じる部分や要望をしっかりと伝えましょう。
また、自分たちが不具合を感じている部分だけでなく、可能な限りプロの目で隅々まで家の状態をチェックしてもらい、必要な修繕の提案をしてもらうのが良いでしょう。今は不具合に気づいていない部分でも、傷みがひどくなる前に対応した方が小規模な工事や負担で済むものや、まとめて工事した方が安く済むものがあるからです。

リフォームの優先順位

リフォームする優先順位は、「不具合の解消」→「デザインの改善」です。生活の質や安全面を左右する耐震補強や断熱工事は、大がかりで費用がかさみますが、特に優先にするべき項目です。また、もし窓が単層ガラスなら、複層ガラスにしたり内窓を設置するだけでも結露や室内温度がグッと改善しますし、エアコンの電気代などが減らせるでしょう。リフォームでどんな改善をしたいかやリフォーム後に求める暮らしをしっかり施工会社に伝えることで、予算内に収めるための取捨選択の相談に乗ってもらえます。

お問い合わせ・無料見積もりはこちら

 


対応エリア

※東京や神奈川東部が中心となりますが、千葉や埼玉も内容により可能です。ご相談ください。
※片道1時間以上かかる地域はご相談ください。
【東京都】
千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 八王子市 立川市 武蔵野市 三鷹市 府中市 昭島市 調布市 町田市 小金井市 小平市 日野市 国分寺市 国立市 狛江市 多摩市 稲城市 西東京市 大島町 利島村 新島村 神津島村 三宅村 御蔵島村 八丈町 青ヶ島村 小笠原村
【神奈川県】
横浜市
鶴見区 神奈川区 西区 中区 南区 保土ヶ谷区 磯子区 金沢区 港北区 戸塚区 港南区 旭区 緑区 瀬谷区 栄区 >泉区 青葉区 都筑区
川崎市
川崎区 幸区 中原区 高津区 多摩区 宮前区 麻生区
相模原市
緑区 中央区 南区
横須賀市 平塚市 鎌倉市 藤沢市 小田原市 茅ヶ崎市 逗子市 三浦市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 綾瀬市 三浦郡葉山町 高座郡寒川町 中郡大磯町 中郡二宮町

GAEA FIELD GROUP  グループ提携企業